2006年5月

指輪物語の魅力① ファンタジーの原典『指輪物語』を読もう!

2006年5月30日(火) 17:30

<海外ファンタジーから学ぶ>

 ルルル文庫創刊準備スタッフがお送りするBLOG。毎週火曜日は、海外ファンタジーの名作を定本にライトノベルでファンタジーを描きたい方向けの創作のヒントをお話していきたいと思っております。といっても、別にここに書いてあるようにすれば絶対入選できますと言うわけではなく、ここで紹介する以外の方法論の作品も絶賛募集中です。
 さて、今回は、海外ファンタジーの中でも定番といわれる『指輪物語』をご紹介します。『指輪物語』は、多数の種族が住む架空の世界を舞台に「旅の仲間」たちの冒険を描いた物語で、近年、映画化されて大ヒットしたので名前を聞いたことがある方も多いかもしれませんね。この物語のすばらしい点は、現在のファンタジーにおける、種族をはじめとした世界観のルーツになっている所にあるのです。現在の多くのファンタジーで普通に出てくるエルフやドワーフはこの『指輪物語』にでてくる同名種族の影響を大きく受けているのです。つまり、みなさんが思うよくあるファンタジー世界の原型が『指輪物語』なのです。そのため、みなさんがよくあるファンタジー世界を冒険の舞台にしようとする場合は『指輪物語』を読んでルーツを知ることがとても大切だと思います。実際、『ドラゴンクエスト』『ファイナルファンタジー』『ロードス島戦記』『スレイヤーズ』などの作品に、『指輪物語』の影響を多く見て取ることができます。
 次回からは、実際に『指輪物語』の各要素がどのように魅力的なのかをご紹介していきます。

はじめまして、みなさま!

2006年5月29日(月) 12:30

<編集者よりのお知らせ>

はじめまして、みなさま!

明日からルルル文庫に関するあれこれを発信すべく『ルルル文庫創刊ブログ』を始めます!
タイトルのとおり「ルルル文庫創刊までの様子」や「新人賞入選必勝法をこっそり伝授」しちゃったりする企画など、いろいろと考えていますので、どうぞお楽しみに~!

ブログの更新は、毎週火曜日と木曜日の2回。
ホームページの更新情報もこちらでお知らせしますので、チェックよろしくお願いします!

まず、初回更新となる明日は、「指輪物語の魅力① ファンタジーの原典『指輪物語』を読もう!」
についてお話いたします。乞うご期待!

さて今回は『ルルル文庫』の自己紹介をいたします。
この文庫のコンセプトは、「ファンタジック、ドラマチック、ロマンチック」
キャッチフレーズは、「恋と冒険は乙女のたしなみ!」乙女のハートに直撃するファンタジーや大河ラブロマンが満載のレーベルを目指しています。

今、編集部では創刊に向けて、異世界ファンタジーや架空歴史ラブロマンに、感動の純情ストーリーなど、いろんなドキドキがいっぱい詰まったラインナップを鋭意準備中でございます!

そしてそしてなんといっても創刊に大切なのは、「第一回小学館ライトノベル大賞」からデビューする新人作家の物語!!
これはまだ世の中でだぁーれもどんなストーリーが生まれてくるのかわかりません。
編集部では、これがとってもとっても楽しみなのです。
新人作家が、ルルル文庫の未来をつくっていくのです。
佳作以上の賞に入選された方は、ルルル文庫創刊一年の内にラインナップに必ず入っていただきます!!
プロデビューがレーベルの創刊年のラインナップというのは、めったにございません。
どうぞ、ルルル文庫にあなたの力作をご応募ください。
そして力作を書くためのポイント満載のこのブログとホームページから目を離しちゃいけませんよ~。

ではでは明日、お会いしましょう!
Ciao。