2011年1月

『陰陽カフェへようこそ』に関する誤植のお詫びと訂正のお知らせ

2011年1月26日(水) 12:00

<編集者よりのお知らせ>

平素はルルル文庫に格別のご愛顧を賜り、心より御礼申し上げます。
本日発売の『陰陽カフェへようこそ』にて、イラストレーター名の誤植がございましたので、この場をお借りして訂正、謝罪をさせて頂きます。

◆カバー
【誤】ねぎししょうこ
【正】ねぎしきょうこ

◆「ルルル文庫トキメキ新作フェア」投げ込みチラシ
【誤】ねぎししょうこ
【正】ねぎしきょうこ

ねぎしきょうこ様ご本人はもちろん、関係者の皆様、読者の皆様にご迷惑をおかけしてしまった事を深くお詫び申し上げます。

今後、このようなことがないよう、ルルル文庫編集部一同、細心の注意を払い、より良い作品作りに精進させていただきたいと存じます。

これからもルルル文庫をよろしくお願い申し上げます。


ルルル文庫編集部

ルルルナビvol.17を配布開始しました!

2011年1月26日(水) 11:55

<編集者よりのお知らせ>

 ルルルナビvol.17を配布開始しました!
 現在、全国アニメイトで配布中です。先着順につき、配布終了の際はご容赦ください。

 なお、こちらからもPDF形式約9.9MBバイトでダウンロードできます。
 よろしくお願いいたします

1月の新刊

2011年1月14日(金) 13:03

<近刊情報>

こんにちは!
今年も、ルルル文庫はファンタジック、ロマンチック、ドラマチックな物語をたくさんお届けします! 本年も応援をよろしくお願いします☆
さて、1月刊のラインナップは、2011年の幕開けにふさわしく人気作家による待望の新シリーズ&新章が登場!


まずは『愛玩王子』シリーズの片瀬由良先生による『陰陽カフェへようこそ』。藤守神社に併設された「陰陽(インヤン)カフェ」で働くイケメン店員たちは、実はみんな女子高生にして藤守家26代当主の紡葉が使役する式鬼神!? 紡葉を食べようと夜這いを繰り返す大狼の式鬼神・狛朧を筆頭に、個性的な男子がたくさん登場する、ちょっぴり危険なジャパネスク・ラブファンタジー、開幕!


次に、『横柄巫女と宰相陛下』シリーズを完結させたばかりの鮎川はぎの先生が、早くも新シリーズ『聖グリセルダ学院の事情』を開始! 元・暗殺者の卵である少女ティエサが、公女を護衛するため貴族の子弟が通う聖グリセルダ学院の生徒に! けれど入学早々、王子でもある同級生・キアスに正体を疑われるわ、国を揺るがす事件が起こるわ……いきなり大ピンチ!? 謎とトキメキ満載のロマンミステリ-!


そして、大人気シリーズの待望の新章『封殺鬼 帝都万葉』! 舞台は昭和初期。東京で邪気に憑かれる者が急増中という事態に、桐子とふたりの鬼が調査を開始! 志郎が持っていた簪が事件解明に鍵になるかもしれない――簪にまつわる因縁をたどり始めた桐子たちだったが……? 昭和初期のレトロな雰囲気や、妖しい帝都の魅力がたっぷり味わえる伝奇ロマン。桐子と志郎の心の変化からも目が離せない!


ルルル文庫1月刊は、1月26日(水)頃発売予定。
12月刊に引き続き、「ルルル文庫 トキメキ新作フェア」を開催中です!
しかも1月刊のラインナップは、すべてフェア対象作品に!

詳しくは1月刊の中に入っている投げ込みチラシをご覧くださいね。



陰陽カフェへようこそ
陰陽カフェへようこそ

イケメン揃いの陰陽カフェ
……実は店員が式神!?
胸キュンのジャパネスク・ラブファンタジー!

片瀬由良 イラスト/ねぎしきょうこ
神社に併設された人間と物の怪のトラブルシューター「陰陽(インヤン)カフェ」。店員は全員イケメンの式鬼神で、主は式鬼神遣いの紡葉。ある日、ひょんなことから紡葉は妖狼を助ける。狼は狛朧という名の式鬼神となるが紡葉に従う気がなく、それどころか紡葉を食べようと夜這いまでして……!? 野性的な男子となった狛朧とカッコ可愛い紡葉&個性的な式鬼神たちが大活躍の、胸キュンのジャパネスク・ラブファンタジー!


聖グリセルダ学院の事情
聖グリセルダ学院の事情

殺(や)るしかない――そんな生活が一変!?
暗殺者見習いの少女が、キラキラ華やかな世界にデビュー!

鮎川はぎの イラスト/凪かすみ
殺(や)るしかない――そんな生活が一変!? 暗殺者一族に生まれた少女ティエサが16歳のある日、内乱だらけのサディル国はとても平和に。暗殺稼業は廃業となり、ひょんなことからティエサは、貴族の子弟の通う聖グリセルダ学院で過去を隠して寮生活を送ることに。野性的でツンツンな王子キアスは、ティエサの素性を探ろうとするうち意外にも……!? トキメキの恋とアヤシイ謎が待つ、学院ロマンミステリ-!


封殺鬼 帝都万葉
封殺鬼 帝都万葉

待望の新章!
簪に隠された恋が、桐子と志郎の関係を近づける……!?

霜島ケイ イラスト/也
武見志郎が手にした曰くありげな簪には、黒い蛇のような影が絡みついていた。一方、神島桐子は二人の鬼・戸倉聖と志島弓生を連れて東京に入り、帝都で広がる霊障騒ぎを追っていた。二つの出来事をつなげる鍵は、その簪に覚えがあると語る記憶喪失の「しゃべる達磨」で……? 大人気シリーズ、待望の新作が登場! 久しぶりの再会をきっかけに桐子と志郎の関係にも進展が!?


第5回ライトノベル大賞ルルル文庫部門 二次選考通過作を発表いたしました

2011年1月11日(火) 16:30

<編集者よりのお知らせ>

お待たせしました!
第5回ライトノベル大賞ルルル文庫部門 二次選考通過作を発表いたしました。


次回は最終結果を3月末に、小学館ライトノベル大賞公式WEB(gagaga-lululu.jp)
及びルルル文庫3月刊巻末にて発表します。

明けましておめでとうございます!

2011年1月 5日(水) 13:55

<編集部員のひと言日記>

明けましておめでとうございます!


編集部員Sです。
ルルル文庫編集部は、本日が仕事初めです。
早く正月ボケから抜け出さなくては…!

皆さまはどんな年越しを過ごされましたか?
私はふと思いついて大阪の住吉大社に初詣に行ってみました!

今年のルルル文庫の活躍をお祈りしてきました~☆
「トキメキ新作フェア」もあるし、
ということはどんどん新作・新シリーズが出てくるわけだし、楽しみです!


それでは、本年もどうぞよろしくお願いいたします。