2011年12月

ルルルナビvol.28はルルル文庫最新刊に入っています

2011年12月27日(火) 11:55

<編集者よりのお知らせ>

ルルルナビvol.27はルルル文庫最新刊に入っています
 また、全国アニメイトでも配布中です。先着順につき、配布終了の際はご容赦ください。

 なお、こちらからもPDF形式7.1MBバイトでダウンロードできます。
魅力満載なルルル文庫12月刊を、どうぞよろしく!

12月の新刊 第2弾

2011年12月15日(木) 17:06

<近刊情報>

あっという間に、年の暮れ!!
クリスマスに大みそか、初詣と楽しいイベントが続きますが、みなさん、年末のスケジュールはいかがですか?
さて、そんな楽しみな年の瀬に、感動とトキメキをプラス!
今月のルルル文庫は、な・ん・と、2回発売!
気になる第2弾は、高殿 円先生の大人気シリーズ完結巻「プリンセスハーツ~大いなる愛をきみに贈ろうの巻~」。創刊からはじまった恋と野望の人気シリーズ、いよいよすべての謎が解き明かされます!!
次に、鮎川はぎの先生の新作オリジナル小説「ブラッディ・ハニー」は、 肉食系新人女優×草食男子な吸血鬼のドキドキ★ラブロマンです!!

読んで元気になるこの2冊。ぜひ、この冬休みにご購読ください!!

今月のルルル第1弾、12月9日発売のFCルルルnovelsも好評発売中!

FCαルルルnovelsは書店のコミックス売り場で買えます!

ルルル文庫 トキメキ新作フェア」の応募は絶賛受付中!!
詳しくはルルル文庫HPをご覧ください。




プリンセスハーツ
~大いなる愛をきみに贈ろうの巻~

恋と野望の王宮ロマン、ついにグランド・フィナーレ!
信じがたい裏切りに消沈するルシード、捕らえられたジル。
二人の運命は……!? すべての謎が解き明かされる!

高殿 円 イラスト/明咲トウル
『ルシードはアジェンセン大公の血を引いていない』その秘密を知ってなお支持すると言ったはずの弟リドリスの裏切りに、意気消沈するルシード。一方ジルは、ジャングー=ガークと共にテジムに捕らえられてしまっていた……。王座奪取へ邁進するルシードに贈られる、リドリスの、メリルローズの、……そしてジルの贈り物。全ての謎が明かされる中、二人の運命は!? 王宮ロマン、グランド・フィナーレ!

試し読みはこちらから!!



ブラッディ・ハニー


「あなたは甘い蜜の味がします」「この天然タラシ!!!!!」 
吸血一族の男子(血が苦手)×売れない新人女優(肉食系)
出会いは生け贄! かみあわない二人に恋が……!?

鮎川はぎの イラスト/凪かすみ
超ド貧乏な新人女優ロッテシアにチャンス到来! 大人気作家ノンノの舞台で役が
付いたのだ。張り切るロッテは、役作りのため作品の舞台となる悪(あく)の伝説が残る地を訪れる。が、そこで吸血一族の青年サーディの生け贄となってしまい!? ところがサーディは血が超苦手なうえ、なぜか一緒に王都を目指すことに。無意識に甘い言葉をささやいてくるサーディに、ロッテの心は乱れて……。肉食系新人女優と天然系吸血鬼のラブロマン!!

試し読みはこちらから!!



第6回ルルルカップにたくさんのコメントをありがとうございました。

2011年12月12日(月) 11:55

<編集者よりのお知らせ>

第5回ルルルカップにたくさんのコメントをお寄せいただきありがとうございました。
上位3作品以外への主なコメントもこちらで紹介させていただきます。


■エゼリンのマント  佐槻奏多
とても楽しく読ませていただきました! テンポがよくてどんどん読み進められるし、登場人物たちのやりとりが面白くて、もっと読みたいなと思いました。(fuko)主人公の一生懸命さが可愛かったです!(椿)一番面白いと思った。文章を読んでいると自然と情景が頭に浮かんで、エゼリンたちの世界にすんなりと入っていけた。(楼風)愛する人の為・・・すごいと思います。(クラリネット)普通に面白かったです。絵面が想像できるような文章でとても読みやすかったです。(くり太郎)


■悪魔王女の後悔  美里実紅
最後のところを読んで、なるほど題名はこういう意味だったのか、と思いました。ディアナにもアルにも好感が持てて、面白かったです。(咲畑珠璃)とても面白かったです! アルが凄く良いキャラで、大好きになりました♪ ディアナもカッコ良い王女で好きです。二人の結婚後の物語も読みたいです☆(夢幻)最後までアルが年上の王子様とは全く気づかず、ハラハラドキドキして読めました。(りく)


■チェンジリング  井上まふゆ
どこか不思議で懐かしい、おとぎ話のような世界に引き込まれました。読みやすいと同時に、深い設定で、文章を追うごとにドキドキ感が加速していきます。個人的に、自分の好きなものがぎゅっと詰まっていたのも嬉しいです。王様やお姫様の出ない、こういったお話を少女小説(?)というジャンルでもっと読んでみたいです。素敵なお話をありがとうございました!(salmon)雰囲気が良かったです。主人公もヒーローもかわいい。(那由多)


■翡翠の微笑み 水晶の涙  花籠満月
美しくて悲しくて、それでいて続きが読みたくなる、そんなお話だと思いました。(でこぽん)お題がお題なだけのに、みんな同じようなものを書いていますね。なかでも、この一冊には、何か惹かれるものを感じました。主人公の切実な忠誠心に心打たれました。身代わりであった彼女を受け入れたヒーローにもまた愛嬌を感じます。(雅)


■女神—フレイア— 繁鷹 鳴
黒のフレイアが健気で応援したくなりました!王子も2人ともかっこよかったです。(いずみ)


■鉄の薔薇姫(アイアンローゼス) 市岡酉子
最初はびっくりしましたが、一番面白かったです。続きが読みたい。(ままも)王道なストーリーをあえて大人向けにアレンジした試みに脱帽!普段少女小説では読めないのでよかったです…(笑)(みどり)色っぽいシーンもよいし、年下という相手もよかった(笑)文章も読みやすくていい。日本語としておかしい!とか言葉の選択が貧困だなあ・・・という作品が多い中、違和感なく安心して読めました。よかったです!(yg)


■亡き王女の為の幻想曲(ファンタジア) 晴音
自分ではどうしようもない状況に置かれたポリーヌが、その中でも女優としての誇りを失わずに気丈に立ち向かい、やがてレオンハルトとの出会いによって、いっそう強くなるところがすごくかっこよかったです。紳士的なレハンハルトもかっこよかった。もっと二人のやり取りが読みたいと思いました。政治的な展開も、二人のロマンスもどうなるのかハラハラし通しですごくおもしろかったです。最後にタイトルの意味がわかって、あっと言わされました。(日和)レオンハルト王子がいかにも王子様!という感じでカッコイイなと思いました。幸せになって欲しいです。(ruu)

トキメキ新作フェアについてのお知らせ②

2011年12月 9日(金) 00:00

<フェアのお知らせ>

引き続き、トキメキ新作フェアについてのお知らせです。

すでに皆様から届いているポイント券ですが、
中に一部ポイント券を間違えて別のものを貼ってしまっている方がいるようです。

ポイント券は、文庫最後のページの右下についている

これ↓です。


皆様、間違えないで下さいね~!


トキメキ新作フェアについてのお知らせ①

2011年12月 9日(金) 00:00

<フェアのお知らせ>

あっという間に12月……
今年も残すところあとわずかです。

……師走って、ほんとうにその通りの月だなぁ。

そして…
ここで重大発表!

プレゼントの目玉「ルルル文庫オリジナル特選小冊子」の
作家ラインナップを公表しちゃいます!

気になる作家陣と内容は……

・深山くのえ先生(乙女なでしこ恋手帖)
・片瀬由良先生(陰陽カフェへようこそ)
・宇津田 晴先生(ご主人様はご機嫌ななめ)
・霜島ケイ先生(封殺鬼)
・鮎川はぎの先生(聖グリセルダ学院)
・葵木あんね先生(巫女姫様と千年の恋)
・宮野美嘉先生(幽霊伯爵の花嫁)


以上豪華7名の先生が、
ここでしか読めない短編を書き下ろし!
そんなプレミアム小冊子、ぜひ手に入れて下さいね!


フェア対象作品は全24本!
応募締切は2012年1月31日までです。

皆様ふるってご応募下さい!!

この機会にぜひ、いろいろな作品を読んでみて下さいね!