2015年9月刊新刊案内

2015年9月16日(水) 15:27

<近刊情報>

ルルル文庫読者の皆さん、こんにちは。
気づけば9月、みなさんいかがお過ごしですか?来週からはシルバーウィーク、お出かけの予定があるかたも、のんびり夏の疲れを癒やしますというかたも、ルルル文庫を読んでときめいてくださいね!


さて今月は2作品をお届け。葵木あんね先生の『呪われた皇帝と百人目の花嫁』は、女に触れると妖怪になるという呪いがかかった皇帝の元へ連れてこられた仙麗。この呪いを解く為には皇帝と真に愛し愛されなければならなず、これまでの九十九人の花嫁にはできなかったこと。百人目の花嫁として妃になった仙麗にはその愛で皇帝の呪いを解くことができるのか・・・・・・!?


そしてもう1作品は蒼井湊都先生の『囚われ姫と灼熱の将軍』は身分を隠して旅をしていた王女アイシャが敵国に捕らわれ、将軍の夜伽相手を命じられ!? ところが奴隷として彼の屋敷で働くうちになぜだか彼が気になるように・・・・・・。この許されない恋の行方は!?


今月はこんなラインナップで9月25日ごろお届けします。


そして、ルルル文庫6月刊・7月刊・8月刊+既刊対象作品の帯で応募できる、マイメロディフェアにはもうご応募頂けましたか?〆切が10月3日(土)と迫っております!!!

対象作品を2冊読んでご応募頂けると、オリジナルのマイメロディクリアファイルが必ず1つもらえるステキなフェアです。さらにWチャンスでサンリオピューロランドのペア招待券やマイメロディグッズもプレゼント。そして、ここでしかもらえないマイメロディぬいぐるみをサンリオピューロランドにご招待のうえもらえるチャンスも!この機会にぜひご応募お待ちしています。


詳しくはこちら


魅力満載のルルル文庫をどうぞ宜しく!






201509aoki.jpg


呪われた皇帝と百人目の花嫁


「予を愛してくれないか・・・3か月以内に」
女性に触れると妖怪になる皇帝の呪いを解くため、妃になった仙麗だが・・・!?

葵木あんね イラスト:くまの柚子
手負いの妖怪を助けた山育ちの娘、仙麗は、ある日突然、皇帝の前に連れて行かれ、そこで自分が助けたのが呪いにより妖怪姿にされた皇帝だったと知る。その呪いとは「女に触れると妖怪になる」というもの。真に愛し愛されれば解けると知り、今まで九十九人の花嫁を娶ったが、すべて失敗だったという。驚く仙麗に皇帝・鳳雅は言う。「予を愛してくれないか」。果たして仙麗は呪いを解くことができるのか・・・?




201509aoi.jpg

囚われ姫と灼熱の将軍


将軍の夜伽を命じられたのは、奴隷となった敵国の王女!
――この恋は、罪?

「お前は俺のものだ」
どうしちゃったの、私……この人が好き。

蒼井湊都  イラスト:山下ナナオ

お忍び旅の途中で敵国の襲撃に遭遇し、街の娘たちとともに捕らえられてしまった王女アイシャ。「赤眼の獅子」と恐れられる将軍カディルに夜伽を命じられても、毅然とした態度を崩さないアイシャは、かえってカディルの興味をひき、奴隷として彼の屋敷で働くことに。だが、王女の身分を隠したままカディルと過ごすうち、アイシャは敵であるはずの彼を心配している自分に気づいて!? 許されない恋にときめく、ドラマチック・ラブストーリー!