ルルル文庫12月の新刊案内

2015年12月14日(月) 14:39

<近刊情報>

ルルル文庫読者のみなさん、こんにちは!
気づけばもう年の瀬の気配と真冬の寒さを感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?今回のお正月休みは短めで、ゆっくり家で過ごす方も多いかと思います!ちょっぴり退屈な時間もルルル文庫があれば大丈夫。帰省のお伴にもキラキラ★キュンキュンできて最適ですよ!


さて、2015年最後のラインナップ紹介です。今月は2冊お届けします。
深山くのえ先生『隠れ姫いろがたり―雪の下―』は、発売後、即重版になった話題の前作『隠れ姫いろがたり―紅紅葉―』の完結編。お互いの気持ちを確かめあった純子と理登。だが突然、純子に右大臣家との結婚話が持ち上がり・・・!?あき先生のイラストも華やかな平安恋絵巻。


そして宇津田晴先生からは『黒猫菓子店初恋日和』が発売になります!甘い香りのしそうなイラストとタイトルでお届け★元恋人にだまされて実家の菓子工房をのっとられたマリエル。そんな時、女嫌いの謎の青年に拾われ、彼の世話をしながら一流の菓子職人を目指すが…!?


今月はこんなとっておきの2冊でお届けします。読者の皆さんへのクリスマスプレゼントになりますように~♪ 今月は少し早い12月22日(火)の発売予定!お楽しみに。


魅力満載のルルル文庫をどうぞ宜しく!





201512miyama.jpg


隠れ姫いろがたり
 ―雪の下― 

「つまり―恋をする覚悟ができた、
ということだ」
純子と理登、二人の恋の行方は・・・!?

深山くのえ イラスト あき
三歳のとき何者かにさらわれた皇女、純子。十二年後に素性が判明し都に戻されるものの、周囲に馴染めず孤立する。そんな中、教育係としてやってきた兵部卿宮、理登は純子を理解し、二人は愛し合うようになる。しかし純子の生母である弘徽殿の女御は、密かに他家との縁談を画策し…? 二人の恋の行方は? ついに明らかになる十二年前の事件の真相とは!? さらわれた皇女の平安恋絵巻完結編!




201512utsuta.jpg

黒猫菓子店初恋日和


「俺の一生をかけて、
必ず幸せにしてみせよう」
女嫌いの青年に拾われた菓子職人の少女の未来は!?

ときめく極上スイーツ・ロマンス!


宇津田 晴 イラスト/山下ナナオ


元婚約者にだまされ仕事も家も失った菓子職人のマリエル。助けてくれたのは謎めく青年ジルだった。家事をひきうける条件で小屋暮らしのジルと同居生活を始めたマリエルだが、女嫌いなジルはぶっきらぼうで素っ気ない態度ばかり。ある日、菓子職人復帰のチャンスを掴むため、「若き経済王」と呼ばれる青年実業家の屋敷へ向かうことになったマリエル。ところが彼はなぜかジルにそっくり!! しかも甘い言葉で接近してきて!? 極上スイーツ・ロマンス!